八丈では、普段から、もの凄い雨(スコール?)下地葺きを痛めると必ず雨漏りです。
そしてもの凄い風、瓦を止めないと、紙の様に飛んで行きます。
(冬の工事中など屋根に上げた瓦、紐をほどいてしまった物などは、朝現場に行くと、屋根面に風にあおられ散らばっています)
瓦を止めると、釘穴からの雨漏り!!雨漏り防止に、瓦を止めないと、瓦が飛ぶ!!
これを、両方クリアするのは、防水下地葺き材は釘穴シール性に優れた下地材を二重葺き!!
瓦桟は太くするしか!思いつきませんでした!!




八丈島では、金サ工法(平瓦の表から金サ釘で止める工法)
こちらで使う瓦桟の約3倍から4倍の太さの物を使います。

八丈島での工事例です。瓦桟、太いでしょう!!

瓦を止めても下地葺きには、穴はあきません。





八丈島の工事例です

この強烈な台風にも耐えた佐藤瓦店の屋根工事!!


佐々木邸!!

沖山邸!!


長戸路邸!!

奥山邸!!

菊池邸!!
前田邸!!